岐阜県瓦葺組合
岐阜の瓦屋さん

2020年06月22日

幸せな新築を考えるとき、屋根ってどうする?

こんにちはわーい(嬉しい顔)
久々に投稿します。
今日は、毎月来てくれている農協のお兄さんとのお話です。
新婚さんで現在はアパート暮らし。行く行くはお家を建てられるとのことでした。
いえを建てるとなると、ハウスメーカーの展示場とか見に行かれるかと思うのですが、
展示場に行っても、屋根って見れません。遠くからならなんとなく見れますけど・・・
台風の影響で農協さんの共済保険のお仕事柄、保険請求のことととかされているそうで、

「瓦って台風どうなんですかね」(お兄さん)

専門職でないから、当然解りえないと思います。
そこで、いい機会なので、私の知っていることをいろいろお伝えしました。

@建築基準法にガイドライン工法があること
 基準法改正前の建築物の瓦屋根には、躯体と繋げる施工がされていないことが多いと思うので、そういう古い家の瓦は地震台風でも壊れやすいですが、現在の瓦屋根の施工は、施工法が見直されて「ガイドライン工法」という工法が採用されていることで、地震や台風にも丈夫なんです。

A瓦がエコな理由
 土を1400度で焼成してあることで、紫外線に強い、酸性雨に強い、雨音も他屋根材と比べたらとても静かだし、初期費用はかかっても、何十年先もメンテナンス費用が他屋根材より少なくて済む。
住宅ローンが終わる前に屋根を塗り替えたりすることもないから、例えば屋根の塗り替え費用くらいで、キッチンのリフォームだったり、できますよ。

これくらいの説明をさせていただきました。
私の職業柄で習得できた知識の範囲ですが。
展示場には、屋根は目線にありません。だから、みなさん意識されないみたいです。

「雨の音まで考えたことがなかったし、酸性雨や紫外線の影響まで考えたことなかったです」(お兄さん)

だけど、屋根が丈夫じゃないと、せっかくきれいにリフォームされたキッチンや居間も
雨漏りしたりしたら台無しになってしまいますから。

まだまだ瓦屋根のアピールが、全然足りてないなあ。。。。

byお局
posted by 岐阜の瓦屋さん at 12:01| 瓦屋さん日記

▲ PAGE TOP

岐阜の瓦屋さん
---Blog of Roof-tile Construction Workman in Gifu-ken.---